会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

マネジメントゲームの感想から



マネジメントゲームに参加いただいた方の感想をご紹介します。

・ビスタ高知のスタッフご意見板を取り入れたい。
・雰囲気作りをし、互いに話し合い、教え合い、成長していく。
・従業員満足度を追求するという目的のため、感謝される仕事をしたい。
・全員経営のためにマネジメントゲームを社内に取り入れたい。
・ビスタ高知のお話にあった「社員満足」がCSを推進させるという発想は眼 からうろこでした。
・ゲームを通して店舗運営をしていく際の経費削減の意識が変わりました。
・組織の雰囲気・環境というものの大切さを振り返りました。
・マネジメントゲームはおそらくやればやるほど奥の深いものだと思うので、もう一度ゆっくりやってみたいです。
・ゲームを利用して楽しく学べました。
・参加型のセミナーは集中して学べました。
・経理の大変さがわかりました。今後も出来る限り参加させて頂きます。
・楽しい講習を今後も宜しくお願いします。
・とても楽しい1日でした。工夫して店に取り入れられるかどうか検討して みたいと思います。
・今回はMGが最終までできなかったので時間が短いと感じた。
・今回で常に相手方も手を打ってくる流れるような速さでの手の打ち方、判 断力の大切さと費用対効果をよく考えての戦略が大切だと思いました。
| マネジメントゲーム研修 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0)

「最強チームの編成と運用ノウハウ」感想文



今日は日本情報システムユーザー協会(JUAS)さんでの公開セミナー「最強チームの編成と運用ノウハウ」の講師を務めました。年に2回程度の開催です。

感想文をご紹介させていただきます。
眼からウロコが落ちたという感想です。心に入る話し方であり、素直に受け止められた。新鮮で非常によかった。もう少し時間をかけて聞きたいと思った。
∈、自分の抱えている問題にぴったり合った内容で、勉強になりました。今後に活かしていきたいと思います。
身近な人間関係から、改善できる内容で、非常によかった。もっと、たくさん知りたいと思った。ビデオや実話がよかった。
ぐ貽コースだったが、合宿に参加してみたいです。リーダークラスだけではなく、メンバーにも受講させられるものがあるといいなと思った。
グ媼韻靴董相手の良さをよく見る大切さを学べてよかった。話にメリハリがあり、理解しやすかった。社会人としてだけでなく、人として学べるところが、多かったと思います。家庭でも実践できる内容で、二倍お得だった気がします。
Ε繊璽爐砲弔い討世韻任覆、人間としての生き方まで学べた気がする。熱い語り口は心に響いてくる。他のメンバーにも、受けてもらいたい。とても有意義な研修だった。他にも広めたいと思う。
О貽がとても短く感じた。テクニカルに片寄ることのないセミナーで、考えさせられる所が多い。
┫待以上の内容だった。今まで、この手の本を色々読んでいたが、効果を実感できず、なかなか行動に移せずにいたが、今日、テキストだけでなく、映像や演習を通じてその効果が実感でき、非常によかった。即実践していきたい。
今日、初めて、このような研修を受けました。分かりやすく、大変、ためになりました。さっそく、どんなチームにするか、今日、考えてみます。
実例に基づいた講義で、分かりやすかった。一日ではなく、二〜三日間のコースにした方が、より深く学べると感じた。
大変勉強になりました。もう一度、基本に戻って仕事を楽しくできる環境を作るように努力したいと思います。本日の事を今後の人生に活かしてまいります。ありがとうございます。
三日コースを受けてみたかった。
チーム作りにおいて、実践的である。集中して講義を受講することができた。講師の熱意が伝わりました。ビデオや具体的な事例を取り入れ、理解しやすかった。自己暗示の重要性を理解できたので、今後、実践していきたいです。欠点を見るのではなく、良い点を見つけて、感謝できる人間になれるように意識していきます。
映像等を使用して具体的に示してくれたところがよかった。改めて、前向きに物事を考えることの大切さが分かった。
いつも思っていた不安や悩みが少し晴れた気がしました。とても、充実した内容がつまっていてよかった。話が上手くて引き込まれた。テキストは何度も読み返したくなりました。本当に学ぶことがたくさんありました。また、受けたいと思います。本当に、ありがとうございました。
| チーム・マネジメント研修 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0)

あるIT企業様「新入社員研修の感想文」から見える感性




(原文より抜粋)
A君:3日間を通してとてもおもしろい研修となった。
「大きい夢を持つ」「将来を明確に想像する」と関連して、自分の夢をチームで発表することがあった。この時私は一応の夢は持っていたものの、実現できるかも分からないような夢だったので、発表することに負い目を感じていた。しかし思い切って口に出してみると、それまでとは違い夢を叶えている将来の自分像が目の裏にはっきりと浮かび、心が達成感で満たされていくのを感じた。夢を声に出し、自分に宣言すること、それを叶えた自分を想像することはなんて楽しいのだろうと感じ、それをすることの重要性を、身をもって感じることができた。この体験を忘れないように、ビジネスマナー研修で描いた夢や成功へのモティベーションを覚え続け、日々精進しようと自分に誓った。

B君:この研修を通して本当に多くのことを学んだ。それは単なるマナーのみならず、それぞれのマナーに対する考え方から始まり、「いかにして幸せに生きていくか」というところまで、自分にとって非常に有意義な研修だった。
また、この研修中にたくさんの言葉を石橋先生から頂いた。これらをメモしているノートにはこれから先、何度も戻ってきて自分の羅針盤としたいと思う。
 この研修が終わってから本当に自分の考え方が変わったと思う。この石橋先生や同期、会社との出会いに感謝し、今の気持ちを忘れぬよう精進していきたいと思う。

D君:ビジネスマナーの形式的な部分はもちろんですが、様々な考え方を教えて頂き、興味深い話ばかりだった。特にお客様第一を前提に、自分以外はすべてお客様という考え方はすぐに実践したい。
そして、人との縁の大切さを感じることが出来たことが私にとって嬉しかったです。マナーを身につけるということは、儀礼を覚えるということではなく、人間らしく人に思いやりを持つということなのだと思いました。
アファメーションの研修などを通じてー分は人としてどう生きていきたいのか⊆囲の人はどう生きたいのかを相互に理解しあうことがチームワークの土壌になるのだと感じました。マナー研修というと形式的なことを繰り返し練習するものを想像していたのですが、他の人との人間関係、人生について考える良い刺激になりました。

E君:とても中身の濃いマナー研修だった。ほんの3日間だけであったが、心に深く刻み込まれるほどの何かを、私だけではなく、同期の皆も得ていたと確信している。
3日間のマナー研修の中で特に感じたのはコミュニケーションの重要性である。挨拶にしても名刺の渡し方、電話の受け方、報告・連絡・相談にしても、自分自身と相手を繋ぐ手段であり、対応の仕方ひとつで新しいつながりを得たり、逆に繋がりを断ち切ってしまったりするものであることが分かった。その評価が個人レベルに留まらず、会社全体に関わることもあり、社会人としての責任を意識することも大切だと感じた。

G君:ビジネスマナー研修で学んだことは多岐に亘りますが、特に印象に残った事は人間関係(ヒューマンスキル)についてです。
会社という組織の中で仲間の事を理解し、そして自分の事を理解してもらうという事は非常に重要なことで、円滑な人間関係はチームワークとしてなさねばならないことです。『自分を必要としてくれる人は皆お客様である』と思うことにより、上司や同期もお客様とみなす事ができ、お客様の望む仕事を達成するという考え方ができる、ということも研修で学びました。
また、職場は人間形成の場でもありますので、今後は「明るく元気に素直に」をモットーに、使命感を持って仕事に取り組めるよう努力いたします。

J君:一番興味深かった体験はアファメーションである。普段大声を出すことがないため、大声を上げることに抵抗を感じたが、腹から声を出してみた。そうすると体がスーッと軽くなるような気分を味わえたので驚きを感じた。自分の意思を声に出して宣言すると、本当に自分が目標を達成出来るんだという気持ちになり、モチベーションが上がっていく。本研修を通して、今までの自分の考え方にはないことを教えていただき、大変自分のためになった。今後もアファメーションや挨拶など意識して教えていただいたことを実践する。
他の会社では、マナーの講義をただ聞くだけという所も多いと聞いた。しかし今回の研修では体を動かしたり、一日の感想を述べたり、グループで話したりと面白い経験を出来たので講師の石橋先生には感謝している。

K君:この研修で得たものはとても多い。挨拶、電話の受け方、名刺交換、服装など、社会人として必須のスキルから、挨拶や声を出すこと、チームワークなど多くの実践を行った。
時には体を使い、時には仲間たちと話し合いながら進めていった。このことはとても印象に残り、そしてまた、仲間たちとの強い絆、連帯感を生み出してくれた
もちろん、スキルを忘れないことも大切だが、一番学んだことはこの友の大切さ、だと私は思う。
石橋先生には非常にためになる、そして私たちの今後の社会人としての生活までも楽しくさせてくれる研修をしていただき、とてもうれしく思います。この出会いがなければ、これからの社会人としての生活に、おおくの不安を抱えたままの出発になったと思います。これからも、また教えをこう機会はたくさんあると思うし、個人でも相談ができるような関係になれたらうれしいです。
石橋先生に、あのとき教えてよかったと思われるような立派な人物になりたいと思う。

L君:普段、何気なくしている「人との関係の大切さ」、「コミュニケーションの大切さ」を学んだ。私が生きていく上で目標としている、人生を楽しく送る方法についてのヒントを得た
学生とは違い、社会人の方が知り合う方々や経験することも多い。この研修以前の私の意識のままでは、その貴重な機会を貴重なものとして捉えられないままでいたかもしれない。私はかって、出会った全ての人全ての物に感謝して生きる、ということを念頭に置いて生きていたはずなのだが、いつの間にかそのことを忘れかけてした。しかし、この研修を通じて、また、先生や話を聞かせて頂いた全ての方々から思い出させて頂いた。また忘れるかもしれないが、その度に思い出していきたい。
今回の研修でより人と話すことが好きになった。やはり人の話を聞くこと、人と話すことが好きだと改めて思えた。この研修の機会を与えて下さったことに感謝したい。

M君:当研修で得た知識は相手を尊敬して行動すること。人間というのは一人だけで何でもできなく、周りの方々と協力し合って初めて仕事ができる。いつも明るく元気よく素直で自分の考え方を相手に伝わって、相手の意見を相手の立場に立って考えて、受け取る事がコミュニケーションの本当の意味だと勉強した。心からの尊敬するおよび愛する気持ちがないと、どんなきれいな言葉を使っても、よいコミュニケーションをすることができなく、お互いに自分の気持ちを隠すと人間関係がどんどん悪くなる。

N君:電話応対や名刺交換などのビジネスマナーはもちろん、報告・連絡・相談の仕方などの社会人としての基礎知識は、これからの社会人生活に必要不可欠なものであった。それ以上に、将来のヴィジョンを明確にすることや双方向のコミュニケーションの重要性を学ぶことができ、新社会人としてだけでなく一人の人間として、貴重な体験であった。
その中でも特に、私の価値観を大きく変えたものが「人間には多くの良い点があっても、わずかな悪い点が目立ってしまう」である。私はこの教訓に衝撃を受け、常に心にとどめ、人の良いところを見つける努力を欠かさないと決意した。
  石橋先生はとても気さくな方で、講義の形式だけでなく、演習も交えて楽しく研修することが出来た。また、演習を通じて貴重な体験をし、前述のような素晴らしい教訓を教わり、今までの自分の価値観が大きく変わり、人間として成長できたと感じた。
| 新入社員研修 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0)

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。